Life in the Slow Lane

ハーレーダビッドソンとローバーミニで快楽ボンビー生活



   

S&Sエアクリ


勤労感謝の日にモーターステージのブラスマフラーを取り付けたんだけど、直後の試運転では、音だけ20m先を走ってるけど肝心のバイクはギクシャクしてちぃ~っとも走らない( ̄△ ̄;)エッ・・?。
充分暖機してアイドリングを安定させたつもりだったけど走り出すとスカッ・・ババン・・ステッ・・バィンってな感じで乗ってる自分の頭ガクガク状態で(((( ;゚д゚)))アワワワワ ←こんな感じ、傍目にはきっと漫画みたいだったと思います。マジで振り落とされるかと思ったよ。ま、暫く走ってると落ち着いたんだけど、やっぱりアクセルのレスポンスが悪いって感じ。後ほど調べて見ると最近のハーレーは排ガス規制に対応すべくキャブの空燃比が薄くて、そのままで抜けのいいマフラーに交換すると空燃比が益々薄くなってトルクが細るそうです。だから吸排気とキャブの調整はセットで考えるのが好ましいんだね。(細いトルクを何とかすべしってことで06年モデルからファイナルのギア比を変えずに5速→6速にしたそうです)
なので、ちょいと前に購入を打診していたS&Sのエアクリに交換すべく45 Degreeへ直行ケテーイ(`◇´)ゞアイアイサー!。(45 Degreeさんは広島のハーレーカスタムショップでヴァージンハーレーなんかでも取り上げられてたし最近は全国区になりつつありますな。)
はい、ちゃんと在庫がありましてリー即購入。速攻で帰宅してサクサクっと取り付けしようと思ってたら大将が・・・・





「初めて?


・・・・・・


大丈夫かのぉ」






(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)





エアクリぐらいって思うアータ、機械音痴にとってカスタムショップが首ひねりながらボソって言われると超心配になるんだよぉ~~~。

尋ねてみるとTC88になってからの交換手順書がまだ準備できてないそうで、はぁ~どないしよって思ってると大将が・・・


「この際じゃけぇ


手順書


作ろうかのぉ」




(;´∀`)



てなことで店の奥からスポスタ1台が楽勝で買えるっちゅうSNAPONの工具を持ち出してカメラ担当の女将さんと共に大将直々にエアクリ交換しゅた~とぉ~。
んで、夫婦の共同作業であっちゅーまに完成!
aircleaner1.jpg

かっくいー。
しかーも、スロットルのレスポンスが以前にも増してよくなった気がする(←ど素人です)。トルク感も復活したというか、走行中に落ちた回転数からでもアクセル開けるとエンジンの回転が追従してくるって感じ(←ど素人です)。大将のアドバイスを聞いて、ちゃんと吸排気の状態に合わせたキャブ調整(Full Tune CV純正派)も発注しましたから次回の変化が楽しみっす(っ´∀`)っ 。

今後、45 DegreeでS&Sエアクリを発注される機械音痴のTC88乗りの皆様、大丈夫っすよ。ちゃんと交換手順書がありますから。
しかも、手順書のモデル(バイクね)は我がローライダーなんですよー。


(*´д`*)ハァハァ


スポンサーサイト

テーマ:Harley-Davidon - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/11/29(火) 21:14:40|
  2. カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Full Tune CV | ホーム | バナー作成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydog44.blog35.fc2.com/tb.php/14-d67eeae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

空犬

Author:空犬

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

空犬カウンターパンチ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する