Life in the Slow Lane

ハーレーダビッドソンとローバーミニで快楽ボンビー生活



   

回天ツー

  
  
金曜日の夜は会社の送別会で市内へ。
残念ながらワタクシの送別会ではありません。
ほんで、会社では大人しくしてますので不本意ながら普通の顔で写真に収まります。

DSCN2023.jpg





ワタクシも早く送別されてぇーーーーーーーーーー。
つーか、オサラバしてぇーーーーーーーーーーーー。







って前振りとは全然関係ないのですが、





実は、ワタクシの趣味は読書。本は友達。
何処に行くにも片時も本を手放しません。
ツーリング中でも信号待ちでは本を読んでいます。
もちろん、仕事中もです。





そんなワタクシが先日読んだ本が、横山秀夫氏の『出口のない海』
知らなかったけど映画にもなったそうです↓。







物語は、終戦直前に主人公が乗った人間魚雷「回天」が潜行訓練中に行方不明になるが、終戦後、
台風の影響で、その回天が主人公の亡き骸と共に海底から浮かび上がり、帰還する…というもの。
伏線には戦時中を時代背景にした友情・ライバル・恋・家族愛ありの熱く激しく切ないストーリー。
詳細はコチラ





しかし、そのエンディングは余りにミラクル過ぎて、そりゃないじゃろ!って思いましたぜ。





そんなことがあって本日向かったのは、柳井市平生町の阿多田交流会館。
前にも来たことありますが、回天の訓練基地があった場所で、回天のレプリカが展示してあります。
それが↓コレっす。

DSCN2025.jpg





中には小規模ながら当時の資料などが展示されてて、今回はジックリ読んでみました。
すると…ビックリしましたぜ。
なんと、小説のエンディングにある「行方不明の回天が終戦後に台風の影響で打ち上げられた」
ってのは実話でありました。スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!
場所は回天の出撃基地があった光市だそうです。





それにしても、回天に乗って散って行ったのは全員二十歳前後の若者ですよ。
展示してある遺影や手紙を読むと、マジ泣けてきます。





つーことで、回天の訓練が行われたであろう平生の海を眺めつつ上関へ。

DSCN2029.jpg






んで、上関大橋を渡って小さな漁村でまったり。(上関原発反対)

DSCN2033.jpg





こりゃ周南市沖の大津島にある回天基地跡・回天記念館にも行かねばなるまい。
行くべきだな。つーか、行け。


では皆さん、本屋さんでお会いしましょう。
  
  
スポンサーサイト
  1. 2012/06/23(土) 20:42:31|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<温泉ツー | ホーム | 大島キャンツー>>

コメント

タイトル

送別会でのヘタレ顔と、映画以下の重さが違い過ぎて要注意(笑)。
では、本屋で待つ♪
  1. 2012/06/24(日) 11:13:13 |
  2. URL |
  3. Shugo #BWgGc7Fk
  4. [ 編集 ]

タイトル

一枚目写真のオッサンの役割について考えるも答え見つからず。
額に手をやるその意義は!?




本屋のトイレで待つ。
  1. 2012/06/24(日) 13:07:35 |
  2. URL |
  3. ハチみつ #-
  4. [ 編集 ]

タイトル

◆Shugoさん、

高低の違いが無ければ水も流れません。
では、新書のコーナーで待て。


◆ハチ、

額には日本刀で刻まれた「犬」の文字が!
男組を読んだ男でなければ解らぬ奥深さ、恥じずとのよい。
トイレは清算してからね。
  1. 2012/06/24(日) 20:19:05 |
  2. URL |
  3. 空犬 #P/4L3u0k
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydog44.blog35.fc2.com/tb.php/420-05841222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

空犬

Author:空犬

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

空犬カウンターパンチ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する